偽セキュリティソフト詐欺

無料セキュリティソフトや、ウェブサイトにアクセスした際に、「このPCはウイルスに感染している」「このPCは危険」などいったバナーやポップアップで関心を引き、全く効果のない偽のセキュリティソフトをインストールさせます。パソコンの脆弱性を突いて、知らない間に偽の警告画面を表示するウイルスを仕込まれるケースもあります。

犯罪者は偽セキュリティソフトをインストールさせることによって、有料版の料金支払いを要求し、入力されたクレジットカード情報を売買することで収入を得ています。

最悪の場合、パソコン自体を操作できなくしてお金を支払うしか方法が無いように見せかけるものもあります。お金を支払っても多くの場合、パソコンが復旧することはありませんので、騙されないよう注意が必要です。