ID、パスワードを盗むフィッシング詐欺

有名企業の名前をかたって、インターネットサービスのログインIDやパスワードを盗むフィッシング詐欺が猛威を振るっています。

銀行やクレジットカード会社、大手オンラインショッピングサイト、携帯電話事業者、通信事業者、ソフトウェアベンダー、運送事業者など生活に密接な企業からの緊急連絡を装って、偽のログインページに誘導する手口です。

最近は、偽の電子メールだけでなくスマートフォンのSMSを使った偽メッセージも多数報告されています。盗まれたIDやパスワードは闇市場で売買されており、他のネット犯罪に使われ金銭被害の発生にもつながっています。