電子メールのチェック項目

サイバー犯罪で最も利用されるのが電子メールです。以下の注意点、できていますか?

  1. 緊急度の高いメールはすべて疑う。

    銀行やクレジットカード会社、ISP、ショッピングサイトなどから「不正利用がありました」「本人確認」「セキュリティ上の理由」などの緊急連絡を装った偽の電子メールが届くことがあります。本物のメールと区別がつきにくく、メールを見た人を慌てさせて行動させるのが目的です。

  2. 電子メールの中のリンクをクリックしない。

    また、格安セール、芸能人やスポーツの話題、お金儲け、など開いて見たくなる文章を用いるものは、興味関心や欲求をくすぐり行動させるのが目的です。電子メールのリンクは、可能な限りクリックしないようにしましょう。

  3. 不明な場合は、正規サイトへ直接アクセスし確認。

    確認をしたい場合は、面倒でもブックマークから企業のサイトへ直接アクセスしたり、検索サイト経由で調べてアクセスするよう、日ごろの行動パターンを変えるようにしましょう。