ショッピングサイトのチェック項目

犯罪者はコピーツールを使って、簡単に偽サイトを作れるようになっています。以下の注意点、できていますか?

  1. 会社概要をチェックする。

    海外の業者では会社概要や問い合わせ窓口の情報が曖昧な事があります。詐欺サイトでなくともこのような業者から購入するのはリスクが高いと考えましょう。

  2. 住所を検索して、会社の存在をチェックする。

    日本の住所表記や会社名が表記されている場合でも、住所検索で実在する住所かどうか、その住所に会社があるか確認しましょう。

  3. 決済方法、口座名義をチェックする。

    本物と区別がつかないような、完全コピーの偽サイトでは、決済方法をチェック。銀行振り込みしか決済方法が無い場合、口座名義が会社名義や日本人名でない場合などは詐欺サイトの危険性が極めて高くなります。